開放感のあるリビング

我が家の新築住宅はようやく完成しました。そんな我が家が家造りで重視したのが、家族の集まるリビングをいかに最高の空間にするかということです。家族が長時間過ごすのはもちろんのこと、親戚や友人を招いてホームパーティーをするのが大好きな私たち夫婦はリビングの充実は必須でした。リビングを広く、開放感のある空間にしたいというのが第一希望でした。

それを実現させるためにリビングに吹き抜けを取り入れました。吹き抜けにすることで天井があるリビングに比べて開放感が倍増します。二階にまで視界が広がるので面積以上の広さも実感できるのです。また高い位置からの明るさも確保できるので通常のリビングに比べて明るさもたっぷりです。吹き抜けを取り入れることに抵抗を感じる人も多いですが、リビングの広さや開放感を第一に考えるのならば吹き抜けは欠かせません。

またリビングに面してウッドデッキを設けました。天気のいい日には大開口の窓を開けることでウッドデッキがリビングの延長として楽しめます。ウッドデッキには幅はもちろんのこと、奥行も持たせました。奥行があることでここにテーブルやイスを設置することができます。アウトドアリビングを楽しめる家になるのです。室内とウッドデッキの間には段差なくしてもらいました。

段差がないことで室内とウッドデッキの一体感を高めてくれ、開放感が増すだけでなく、小さい子どもから高齢者まで安心して行き来できます。またウッドデッキのサイズと同じサイズのバルコニーが二階に設けられています。このバルコニーがウッドデッキの屋根となり悪天候時にもしっかり対応できるのです。家族団らんはもちろんホームパーティーも楽しめる最高のリビングにしました。

Tags:

12月 27th, 2016 | 住宅

Comments are closed.