家事コーナー

キッチンから5歩ほどで行き来ができる家事専用コーナーを設けてみてはいかがでしょうか。家事コーナーでは、洗濯物を「洗う、干す、たたむ」という作業を同じ空間でできるスペースです。広さに余裕があればファミリークローゼットを設けて「しまう」という作業も同スペースで行えるようにしておくとより家事の効率を高めることができます。通常これらの作業を行う場合、住宅内を行ったり、来たりしがちですが、同じ空間でこれらの作業を行えるため無駄な動きを一切せず、効率よく家事を進められるのです。家事を効率よく行うことで、家事の時短も実現でき、自分の時間にゆとりを持てるようになるでしょう。

洗濯物干し場は、屋外はもちろん室内にも完備しておきましょう。雨や雪などの悪天候時や時期によっては花粉や大気汚染物質の飛来が気になる時に、室内干しがあると干し場に困らずスムーズに洗濯物を干せます。共働きで夜洗濯物を干す家庭もでも室内干しがあると便利なのです。同スペースに作業カウンターを設けておくことで、乾いた洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり、裁縫をしたりと家事をよりスムーズに行えるのです。

そして家事コーナーの壁一面を利用してファミリークローゼットを設けておくと、たたんだり、アイロンがけをした衣類をその場でしまうことができます。家事コーナーと洗面室は隣り合わせに設けておくとより家事動線がコンパクトになります。洗面室は、脱衣室としても利用するため、ここに下着や衣類を収納しておくことで入浴の事前準備が楽に行えますし、忘れたとしてもスムーズに着替えが行えるので不便さを感じません。365日休みのない家事を効率よく行うには家事コーナーがあるといいのかもしれません。

Tags:

3月 24th, 2017 | 住宅

Comments are closed.