寝室

寝室はただ寝るだけの空間になっていませんか。せっかく設けた寝室をただ寝るだけのスペースとしてしまってはもったいないのです。我が家の子ども達はまだ小さいので寝室で家族みんなで寝ています。この寝室には夫婦のスペースを設けました。主人の希望で夫婦スペースは畳を敷き詰めました。フローリングと畳と異素材の床が広がることで空間のメリハリが生まれています。

子ども達を寝かせつけた後、夫婦で晩酌をすることもあります。主人が書斎スペースとしても利用しますし、私が子ども達を寝かせつけた後、ネットショッピングをしたり、お肌のナイトケアを行うスペースとしても利用しています。夫婦のスペースでもあり、個人の時間を過ごすスペースでもあるのです。

より個室で過ごす感覚を高めるために、寝室との境には程よい高さの腰壁を設けています。寝室との繋がりを感じながらも気になる視線はカットできるため個室のような感覚が得られるのです。この腰壁を利用して壁面収納を設けているため、化粧品やパソコン関連用品、旦那さんの趣味の漫画などをここにしっかりと収納できています。ここで晩酌することもあるので小さな冷蔵庫を設けています。

このスペースを設けたことで寝室で過ごす時間が格段と増えました。早めに寝室へ向かい、子ども達を寝かせつけて、少ない自分の時間や夫婦の時間を大切にすることができています。寝室はただ寝るだけしか利用してない家庭も多いですが、夫婦の時間や個人の時間を楽しめる空間にしてみてもいいのではないでしょうか。

Tags:

4月 24th, 2017 | 住宅

Comments are closed.