配線計画

家造りの後半でプランニングする配線計画は、軽視されることが多いです。しかし、この配線計画をしっかりと行っていないと生活の不便さを感じることが増えるためしっかり気を抜かず計画したいものです。住宅への不満の声で最近よく耳にするのがコンセントの位置や数についてです。どこでどのような電化製品を使用するかをしっかりと考え電気配線を行いましょう。コンセントを設け過ぎても邪魔と感じることがないだけに余裕を持って設けておいた方がいいと思います。

例えば、ダイニングテーブルより高い位置にコンセントを設けておきます。そうすればホットプレートやたこ焼き器などこれらのキッチン家電を使用する時利用しやすいです。キッチンの作業スペース部分の高い位置にもコンセントがあれば、ハンドミキサーやフードプロセッサー、電気ケトルなど利用しやすく、調理のしやすさも高まるのです。

私が業者の人にアドバイスされ設けたコンセントが、掃除機を収納する収納庫内のコンセントです。最近では充電式掃除機を使用している家庭も多いです。充電式掃除機を使用していなかったのでピンときませんでしたが、最近充電式の掃除機を購入しました。そこでこの収納庫内のコンセントが非常に役立っているのです。掃除機を収納している状態で充電を行うことができるのです。設けておいて良かったと実感しています。些細なことのようにも感じるのですが、これが意外と生活に与える影響が大きいだけに暮らしをイメージして配線計画を行っておきましょう。

Tags:

9月 11th, 2017 | 住宅

Comments are closed.