アウトドアリビングを楽しむ家

マイホームで過ごす時間は屋外で過ごす時間も大切にしたいと考え、リビングの先に庭との架け橋となってくれるウッドデッキを設けました。ウッドデッキをより多目的に利用できるように横幅と奥行をしっかりと確保したのです。このウッドデッキへはリビングからもその先に設けてある和室からも行き来できるようになっています。

ウッドデッキの上には同サイズの二階のバルコニーが設けられてためこれが屋根代わりにもなってくれています。いろいろな状況に対応できるように前面と片側の側面はパネル扉を設けています。天候や気候に合わせて自由に開閉できるためよりアウトドアリビングを楽しみやすくなっています。リビングとウッドデッキの境には段差を設けずフラットに繋がっています。段差なくスムーズに行き来できることで安全性が増しますし、よりウッドデッキスペースが身近に感じられるのです。ここは室内では得られない開放感が得られます。

パネル扉をフルオープンにして庭との一体感を高め、心地よい風を肌で感じ、庭の景観を楽しみながら食事をしたり、お茶をしたりすることで贅沢で特別な時間が流れるのです。リビングの延長として子どもが遊んだり、ペットと触れ合ったり、ママ友とお茶をしたり、夫婦で晩酌をしたり多目的に利用することができています。

悪天候時でも扉をフルクローズにしておけば利用することができるのです。そこでここには洗濯物干し場を完備しています。天候に左右されることなく洗濯物を干せるので毎日の家事をスムーズに行えています。このような空間を設けてワンランク上の暮らしを送ってみるのはいかがでしょうか。

Tags:

2月 20th, 2018 | 住宅

Comments are closed.