スタディーコーナー

子ども達が勉強する場所はリビングやダイニングという家庭が多いです。そこで最近ではリビングやダイニングの一角にスタディーコーナーが設けられることが増えています。二階の自室で一人こもって勉強するよりもリビングやダイニングで生活感に囲まれて、親とコミュケーションが取りやすい環境の方が子どもの学力を向上するとも言われています。子ども部屋に立派な学習机を購入するのではなく、リビングやダイニングで子どもが勉強に集中できるスタディーコーナーを設ける方が子どもにとっていいのかもしれません。

我が家はダイニングの窓際にスタディーコーナーを設けました。窓からは明るさを確保できるため明るく、勉強がしやすいのです。そして、子ども達が二人並んで勉強ができる横幅と、教材を広げてゆったりと勉強できる奥行を確保したカウンターを造り付けました。カウンターの下には可動オープン棚を設けてランドセルや勉強道具をサッと片付けられるようにしました。

カウンター上部には扉付きキャビネットを設けて辞書などの教材を収納できるようにしています。キャビネットの下部には手元を照らしてくれる照明を設けており、文字が見やすく勉強しやすいのです。子ども達が使用しない時はここをパソコンスペースとして利用することも想定して配線計画はしっかり行い、キャビネットには書類やパソコン関連用品を収納しています。リビングのテレビの音や、リビングからの視線を気になるという場合は、リビングとスタディーコーナーの境に適度な高さの腰壁を設けて、空間を緩やかにゾーニングすると勉強への集中力を高められるでしょう。子どもが利用しやすいスタディーコーナーにしたいものです。

Tags:

3月 20th, 2018 | 住宅

Comments are closed.