国内・小旅行の持ち物

旅行に行く時、真面目で心配症の人ほど、荷物が多くなります。小旅行や国内旅行であれば、無しで済ませたり買ったりすることもできると考え、ある程度で線引きをしましょう。

女性では、化粧品の量が荷物の大きさ、重さを左右します。試供品があれば活用しましょう。日頃から試供品を化粧水、乳液と種類別に分けてジップロック袋に入れておくのも一つの方法です。

鞄を選びます。移動手段がドライブやパッケージツアーなら、ボストンバッグなどの手持ちのカバンでも良いですが、各自で荷物を持ち歩く旅は、小さなスーツケースや背中に背負えるリュックサックなどが良いです。その上で、泊まる宿のグレードに合わせて最適なカバンを選びます。

必要な持ち物のリストをつくりましょう。忘れ物がないと安心でき、鞄が空いているからと、余計な物を入れる事もなくなります。帰りはお土産があるので、余裕はあればあるだけいいと考えましょう。

旅の数日前になったら、行く地域の週間天気予報を確認しましょう。天気や気温によって、靴や洋服を選び、傘やタオルを用意する参考にします。また、歩きすぎて靴擦れができたときなど、絆創膏があると助かります。

エコバッグを持参しましょう。お土産をたくさん買っても、忘れる事がないように、薄手のコットンやナイロンなどで軽く大きめの物を用意しましょう。

パッキングのコツは、重いものをバッグの下に、軽いものを上に詰めます。洋服、下着、バスルームで使うもの、メイク道具などと、種類と用途別に大まかに分け、袋やポーチに入れます。濡れたものを持ち帰る場合も考え、ジップロックを持参し、下着類は口がしっかり閉じられる袋類に入れましょう。

Tags:

9月 30th, 2018 | 住宅

Comments are closed.