我が家の玄関は、メインのお客様用とシューズクローク側の家族用と動線を二つに分けました。動線を分けた目的は、メインのお客様用の玄関を常にきれいで美しく保つためです。以前は、子ども達や旦那さんが帰宅すると靴や外で使用したものが玄関に散らかり、その光景を見る度にストレスに感じていましたし、片付いていない時に限って急な来客者がありました。いつもインターホンが鳴って慌てて片づけて対応するという状況でした。

新しい家ではこの不満を解消すべく動線を二つに分けたのです。シューズクローク側を家族用の玄関としたことで、自分の靴を自分で片付ける習慣も身に付くようになったのです。シューズクロークには天井近くにまで広がる可動オープン棚があり、家族の靴がどこにどの靴があるかが一目で分かるようになっています。子ども達の靴は出し入れしやすいように下部に並べています。このようにしたことで靴の管理がしやすくなったのです。可動棚なのでブーツや長靴など高さのあるものでもスッキリと片付けられます。

そしてここには土間収納もあるので、外で使用した物をそのままサッと片づけられるのです。外用のおもちゃや三輪車、ベビーカーやスポーツ用品、そして旦那さんの趣味のゴルフ用品などきちんと収まるシューズクロークがあれば、メインの玄関の美しさを保ちやすくなるのです。玄関には靴箱など一切設けていません。あるのは、お客様が靴を脱ぎ履きする時に支えとなるカウンターのみです。このカウンターには少し雑貨を並べインテリア性を高めています。シューズクロークから室内への動線を確保することで玄関が散らかりにくく、素敵な空間となっているのです。

6月 21st, 2016 | 住宅 | コメントは受け付けていません。

先日遊びに行った友人宅にはリビングにスキップフロアが設けられていました。広々としたリビングをスキップフロアを設けて、リビングとスキップフロアの一体感を欠くことなく、それぞれを個々の空間として捉えることができるので大変魅力を感じました。

友人宅は主にこのスキップフロアをキッズスペースとして利用しているようです。子どもの遊ぶスペース、お昼寝をするスペース、もう少し成長すればスタディコーナーとして利用できるので、このような空間がリビング内にあると子どもにとって最高の居場所となります。まだ小さい子どもがこのキッズスペースを利用してもLDKからしっかり目が行き届くので互いに安心感が高まります。ここをキッズスペースにしたことで、リビングがおもちゃで散らかることが減ったと言います。

このように高低差を付け、空間を区切ることで一体感は損ないませんし、しかしくつろぐリビングと、子どもの遊んだり勉強するスペースをしっかりと分けることで生活にもメリハリがつくのです。友人宅のスキップフロアを見て依頼、我が家のマイホームにもぜひリビング内にスキップフロアを設けたいと思うようになりました。

我が家にもしスキップフロアを設けたならば、ここを多目的に使用できるスペースとしたいです。パソコンスペース、スタディコーナー、家事スペース、書斎スペースなどマイホームに設けたいスペースはたくさんあります。しかしそれぞれの空間を設けるほど広さに余裕はないでしょう。そこでこのスキップフロアを利用して多目的に使用できるスペースを確保するのです。多目的に使用できるように物をきちんと収納できるスペースを設けておきたいと思います。家族と同じ空間に居ながら自分の時間を大切にできる家になりそうです。

5月 18th, 2016 | 住宅 | コメントは受け付けていません。

女性にとってキッチンは非常に重要です。家事を行う中心的な空間だからです。モデルハウスを見学に行くとオシャレな雑貨が並べられており、このようなキッチンにしたいな~と憧れを抱く人も多いです。実際に同じキッチンを手に入れても生活感で溢れ、あの時のオシャレなキッチンはどこへ…という風に感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで我が家はモデルハウスのようなキッチンを維持するためにカップボードに注目したのです。生活感で溢れたキッチンになってしまう理由は、炊飯器や電子レンジなど生活に欠かせないキッチン家電が丸見えになってしまうからです。そこで我が家はキッチンサイズに合わせてピッタリのカップボードを造り付けたのです。扉三枚分の広さのあるカップボードは収納力抜群です。

扉一面分をキッチンパントリーとして食材を収納しています。お菓子や乾物、レトルト食品などそれぞれ収納カゴを分けてゾーニングして収納しています。収納カゴにしまうことで扉を開けた時に食材が目に入らず、生活感を感じさせることもなくなります。隣は食器類を一面に並べています。食器は出し入れがしやすいようにそのまま見られてもオシャレなようにディスプレイにしながらも、しっかりと収納しています。として隣の一面にはキッチン家電を収納しています。来客時やキッチンを使用しない時はすりガラスの扉で隠すことでキッチンに収納している物を全て隠すことができ、キッチンのデザイン性を欠くこともありません。このカップボードにしたことでいつでもきれいでスタイリッシュなキッチンを保てているのです。

4月 8th, 2016 | 住宅 | コメントは受け付けていません。

階段下の活用法は様々です。一番階段下の活用法で多いのが収納です。私が以前住んでいた住宅には階段下収納が設けられていました。その収納は奥行があり、奥にいくほど天井が低くなっていました。あると便利でしたが、奥にしまった物を確認しにくく、また奥の物を出し入れもしにくかったです。

そこで新築住宅では収納スペースではなく、階段下にトイレを設けました。便器を設置している部分の天井は、通常の天井の高さより低く、階段下ということで特殊な形状をしているのですが、用を足すには全く支障がありません。最初は一部分の天井が低いことでトイレに入った時の第一印象に圧迫感を与えるのかなと心配だったのですが、圧迫感を感じることはありません。むしろ空間を上手に利用しているねと家に遊びに来た友人からは言われます。

我が家の階段はリビング階段です。リビング階段と言っても階段の入り口がリビングに面しているだけです。廻り階段なので上り初めから途中のホール部分までの階段下は、トイレの収納スペースとして利用しています。トイレの収納としては十分な広さの収納スペースなので、特売日にトイレットペーパー買い込んでもそのままスッポリと収納しておくことができます。その他、サニタリー用品やトイレの掃除アイテム、トイレ内で使用する手拭きタオルなどトイレ内で使用するものをしっかりと収納しておくことができます。

階段下を余すとこなく利用していることで住宅の満足度も高まっています。階段下の活用法は年々斬新になっています。オープンシェルフを設けたり、カウンターを設けてパソコンスペースとしたり、その暮らしや空間にぴったりの活用法をしてみてほしいと思います。

3月 16th, 2016 | 住宅 | コメントは受け付けていません。

最近は対面式のキッチンが主流となっています。キッチンからダイニングの動線を考えることで食事の支度や後片付けのしやすさが大きく変わってくるのです。対面式のキッチンの前にダイニングを設ける家庭は多いです。私が以前住んでいた住宅もこの間取りでした。しかし新築住宅では対面式キッチンの真横にダイニングを設けたのです。真横にダイニングを設けた方がきっちんからの動線は短いですし、横移動で移動もしやすく配膳や食器を下げるのが格段に楽になりました。

食事の際にはキッチンとダイニングの間を幾度も行き来をします。できるだけ動線を短く、そしてスムーズさを高めることで家事が行いやすくなるのです。キッチンの前にダイニングを設けるとキッチン横の通路を十分に確保していないと配膳の時に行き来がスムーズに行えなくなります。熱いものを運んだり、汁気のものを運んだりするので通路が狭いと配膳がしにくくて家事の効率にも影響してきます。専業主婦である私は一日三度も食事の支度を行います。それだけに配膳のしやすさというのは非常に重要です。ダイニングを配置する位置でこんなにも家事効率に影響するのかと改めて感じています。

またキッチンの横にダイニングを配置したことで家族にとってもキッチンの存在がより身近に感じられるようになったのです。子ども達がキッチンへ来て配膳の準備を手伝ってくれたり、食べ終わったお皿を下げてくれるようになりました。キッチンへの動線の短さと行き来のしやすさが子どもにいい習慣を身に付けてくれています。キッチンとダイニングの配置をしっかり考え家事の行いやすい家にしましょう。

2月 11th, 2016 | 住宅 | コメントは受け付けていません。

寝室をただ寝るだけの空間にするのはもったいないと思います。寝室は意外と軽視されがちです。しかし我が家はこの寝室にもしっかりと目を向けました。まずは寝室の広さです。我が家の寝室は9帖の広さを確保しました。そしてアーチ状の垂れ壁の奥には3帖の広さのウォークインクローゼットを設けました。3帖の広さのクローゼットには衣類をしっかりと片付けることができていますし、スーツケースなど大きさのあるものや、布団などもしっかりと収納できています。

9帖の広さのある寝室には、主人の希望でもある書斎スペースを設けました。独立した書斎スペースが良かったのですが、空間的に余裕がなく、寝室内のこの書斎スペースを設けたのです。彼にとってもプライベートな空間があるとホッとでき、一人の時間を楽しむことができるのです。寝室内に設けた書斎スペースは個室のような感覚も得られるように、木の面格子を設けました。

面格子が寝室のアクセントになりデザイン性を高めています。またこの面格子のおかげで個室のような感覚が得られるのです。緩やかに視線を遮り、でもしっかり明るさは通すので寝室にいる家族の気配を感じながらも自分の時間を過ごすことができるのです。寝室をただ寝るだけの空間にするのではなく、ちょっとしたプライベートな時間を過ごせる空間があると嬉しいものです。そして気をつけておきたいのが音です。騒音があると安眠の妨げになってしまいます。寝室を設ける位置、そして遮音できているかなど音に注目した空間造りをするといいのです。

1月 9th, 2016 | 住宅 | コメントは受け付けていません。

最近住宅で多く取り入れられるようになったリビング階段。このリビング階段には2種類あります。まずは、リビング内に階段が存在する形です。このリビング階段は階段がリビングのアクセントとなりインテリア的な要素も含むようになります。見せる階段と言った存在でしょうか。リビング内に階段があることで一見リビングに圧迫感や狭さを与えるのではないかと懸念する人もいるでしょうが、スケルトン階段にすれば奥にまで視線が繋がり、また明るさをしっかり通すことで圧迫感を感じさせることはないのです。手すりをデザイン性の高いアイアンのものにしたり、螺旋状にしてインテリア性を高めるのもオシャレです。

もう一つは、階段の入り口がリビングに面しているリビング階段です。我が家はこちらのリビング階段を取り入れました。リビング階段に抵抗を感じる人のほとんどが、冷暖房効率を心配したり、二階からの冷気が一階に流れ込むのを心配することです。我が家のようにリビングの入り口がリビングに面しているリビング階段であれば、これへの対策がしっかり取れるのです。

ここにロールスクリーンを設置したり、建具を設置することで冷暖房使用時には空間を区切れ、冷暖房効率を下げたり、二階からの冷気の流れ込みに不満を抱えることはないのです。リビング階段の魅力は家族がリビングで顔を合わせる機会を自然と作りだすことができることです。こうすることで会話が生まれやすく、親は子どもの変化にも気づいてあげられやすくなるのです。人気のリビング階段を取り入れ暮らしをより充実したものにしたいものですね。

12月 23rd, 2015 | 住宅 | コメントは受け付けていません。

生活環境に合わせてピッタリの空間造りをしたいものです。家族が増えたり、子どもの成長に合わせて、また趣味を楽しむ空間が欲しかったり、ライフスタイルの変化にしっかり対応できる家が住みやすい家と言えるのです。そこで我が家は子ども部屋に可動間仕切り収納を取り入れようと思っています。

住宅の中で一番変化が求められるのが子ども部屋です。子どもの成長過程によって子ども部屋のあり方が変わってきます。幼稚園頃の子ども達が子ども部屋に求めることは、のびのびと走り回わり遊べることです。この時期は、子ども達にそれぞれの個室を設けても遊びにくく使い勝手の悪い子ども部屋となってしまいます。広々ワンルームの子ども部屋で、兄弟姉妹が仲良く遊べる空間があるといいでしょう。このようにしておくと、成長し小学生頃になった時には共に遊べて、共に勉強できる子ども部屋となります。

中学生頃になると一人の時間が欲しくなるものです。一人で集中して勉強したり、一人の時間を楽しむようになります。この時期になれば、広々ワンルームを可動間仕切り収納を活用し空間を二つの空間に区切るのです。幅と高さがオーダーメイドできるので空間にピッタリと合うのです。移動も固定も簡単なのでいつでも空間をアレンジできるのです。

子ども達が成長すると家を巣立っていきます。巣立っていくと二つに分けた子ども部屋も必要なくなります。広さを変えて収納部屋と第二のリビングルームとして子ども部屋を活用させることもできるのです。可動間仕切り収納は空間を自由にアレンジでき、その時々でピッタリの暮らしを送れるので住みやすい家となるのです。

11月 7th, 2015 | 住宅 | コメントは受け付けていません。

間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが人気となっています。部屋の中心にオープンキッチンを設けることでキッチンに美しさを求める人も多くなっています。キッチンはもはや見せるキッチンが主流なのです。カラフルな人工大理石の天板や流し台、鏡のような輝きが特徴の収納の表面仕上げなど最近では家具のように魅せるキッチンが増えているのです。

オープンキッチンは家族の繋がりを感じられます。キッチンで家事をしながらも家族と顔を合わせてコミュニケーションが取れたり、友人を前いてパーティーをしても誰もが作業に手伝いやすく楽しく過ごすことができるのです。またこのようなキッチンが子育て真っ最中のママが求めるスタイルでもあるのです。キッチンで家事をしながらでも子どもにきちんと目が行き届きやすいからです。子どもの様子が把握できることで、安心して家事を行えるのです。

魅力の多いキッチンスタイルですが、デメリットもあります。キッチンが片付いている時は魅せるキッチンとして存在するのですが、鍋や食器が乱雑に置かれているような時でも家族やお客様に丸見えになってしまうのです。見た目にいいものではないだけにキッチンのオシャレさを欠いてしまいます。また調理する時の臭いや煙がリビングやダイニングに広がります。また食器を洗う時の水音がうるさいと感じるという問題もあります。こられのデメリットへの対策をしっかり行うことで、キッチンが中心となる家を満喫できるのです。キッチンスタイルも多様化しています。自分にぴったりの、またライフスタイルにぴったりのスタイルを取り入れたいものですね。

10月 19th, 2015 | 住宅 | コメントは受け付けていません。

私は和室を設けるなら小上がりの和室がいいなと思っています。最近和室を設ける場所は、リビング内やリビングの延長にする家庭が多いです。このような間取りにすることで和室を普段使いできる便利なスペースとして活用できます。

またリビングに広さや開放感も与えてくれます。小上がりにすることでこの間取りを違和感なく存在させることができるのです。洋風リビングと畳の和の空間が繋がることで、調和が取りにくかったり違和感を感じることもあります。しかし段差を付けることで和と洋の空間に調和がとれやすくなります。

魅力はそれだけではありません。小上がりにすることでサッと腰を下ろす場所としても便利です。特に足腰の弱った高齢者がいる家庭では、一見小上がりの和室は段差があり不便のような気もしますが、段差があることでサッと腰かけられますし、その後の立ち上がりも行いやすくなるので高齢者にとってみても居心地のいい和の空間になるのです。

そして畳下に生まれるデッドスペースを有効活用できるのです。畳下に収納スペースを設けるのです。和室で使用する座布団を収納する場所として、リビングで子どもが遊ぶおもちゃ入れとしても使えます。収納はたくさんあって不便と感じることはないだけに、小上がりにすることで収納スペースを増やすこともできるので魅力に感じる人も多いのではないでしょうか。

リビング内やリビングに繋がった和室なので、子どもが遊んだり、昼寝をしたり、ママがアイロンがけや洗濯物をたたんだりと多目的に使用できるのです。いざという時には建具で仕切り個室としても利用できます。間取りを考えるのと同時に、段差をつけた和室で便利さを高められる和の空間にしてみるのもいいと思います。

9月 1st, 2015 | 住宅 | コメントは受け付けていません。